ヒノデのPERSON

ヒノデ社員の本音に迫る!
100年企業の働き方と
社内で描くキャリアプラン

入社歴の異なるヒノデ社員3人が本音でトーク! 入社1年目の新入社員から先輩方へ、日ごろの業務やキャリアプランについてズバッと質問!

自己紹介をお願いします。

最初は話しにくいだろうから、僕からスタートしようかな。入社15年目の市川です。現在は第1マーケティング統括グループ(以下グループ=G)で、橋梁のマーケティングに携わっています。

橋梁マーケティングG:
市川(2006年入社/福岡大学卒)

入社6年目の境です。生産管理を担うプロダクツコントロールGを経て、現在は事業全体の企画・運営を行う事業戦略企画Gに所属しています。

事業戦略企画G:
境(2015年入社/長崎大学大学院卒)

入社1年目の重久です。境さんが以前いらっしゃったプロダクツコントロールGにいます。

プロダクツコントロール統括G:
重久(2020年入社/長崎大学卒)

ところで重久さん、入社のきっかけは?

境(2015年入社)

就活サイトで、インターンシップのお誘いをいただいたのが最初でした。

重久(2020年入社)

ヒノデのことは、もともと知ってたの?

市川(2006年入社)

いえ、知りませんでした。調べてみたら「マンホールのトップメーカー?おもしろそう! 」と興味を持ちました。

重久(2020年入社)

最初の印象って覚えてる?

境(2015年入社)

人事担当のみなさんの人の良さや、和気あいあいとした雰囲気を感じました。100年企業というところから「しっかりした会社」という印象も受けましたね。

重久(2020年入社)

重久さん、仕事には慣れた?

重久さん、入社してもうすぐ1年だね。仕事には慣れた?だいたい定時で帰ってるの?

境(2015年入社)

基本的には定時退社ですが、時期によっては残業することもありますね。

重久(2020年入社)

他のフロアの人たちと話すことはある?

市川(2006年入社)

まだ話したことない方もたくさんいます。

重久(2020年入社)

そうだよね。在宅勤務も多いから。

境(2015年入社)

同じフロアの部署の方とは接点が多く、親切に接してもらっています。明日はみんなでフットサルに行く予定です。

重久(2020年入社)

おお! いいね~。

市川(2006年入社)

在宅勤務、どう?

在宅勤務には慣れた?

境(2015年入社)

私たちは入社してからずっと在宅勤務なので、馴染むのは早かったかもしれません。

重久(2020年入社)

そっか。今のスタイルが「当たり前」だもんね。

市川(2006年入社)

仕事の効率は、会社で働くときと比べていかがですか?

重久(2020年入社)

僕は意外と家のほうが集中できるね。通勤時間を節約できるから、時間を有効に使えるようになったよ。

市川(2006年入社)

私も、不自由はほとんど感じないなぁ。

境(2015年入社)

一般的には「コミュニケーション不足に陥りがち」とかよく言われてるけど、議論が必要な場合はオンライン会議をしたり対面で話したりしてるから、まったく問題なし。目的によってオンライン、オフラインを使い分けるのが大事だね。

市川(2006年入社)

メリハリが大切なんですね。

重久(2020年入社)

そうだね。自分のペースをうまくつくれるといいよね。

境(2015年入社)

部署異動について

部署異動って、どのくらいの頻度なんですか?

重久(2020年入社)

私は1回だね。市川さんは?

境(2015年入社)

僕は4回かな。京都で営業を1年、埼玉のグループ会社に出向して2年、それからは福岡本社で11年、マーケティングの仕事をしてるよ。福岡本社の中で1度、異動した感じかな。

市川(2006年入社)

そうなんですね。

重久(2020年入社)

15年くらい勤めてたら、だいたい2、3回は異動してるのが普通かな。最近は異動や転勤の希望を取って決めるから、意見は反映されやすいと思うよ。

市川(2006年入社)

行きたい部署はあるの?

境(2015年入社)

今はまず、自分の部署の仕事を覚えたいですね。境さんはいかがですか。

重久(2020年入社)

最初は今の重久さんの部署にいて、グループ会社の眞工金属関連の事業を担当していました。一段落して変化がほしくなったから、希望を出して今の部署に配属になったよ。

境(2015年入社)

異動の希望を出すときは、上司や同僚には相談されたんですか?

重久(2020年入社)

うん、相談したよ。直属の上司はいつもビジョンを示してくれたからね。前回の異動はその上司が提案してくれたんだよ。

境(2015年入社)

そうだったんですね。

重久(2020年入社)

今もやさしく見守ってくれます。こうして力強く後輩のサポートをしてくれるのも、ヒノデの文化だと感じています。

境(2015年入社)

キャリアメイク、どうする?

重久さんは、ヒノデでどんなことをしたい?

市川(2006年入社)

いろんな部署があるから、まずはいろんな仕事にふれてみたいと思ってます。

重久(2020年入社)

転勤はOK?

境(2015年入社)

もちろん、全国どこへでも。

重久(2020年入社)

将来、転職は考えてるの?

境(2015年入社)

入社したばかりで答えにくいかもしれないけど(笑)。

市川(2006年入社)

答えにくいですね……あははは。今のところはナシですね。これからいろんな経験をしてから考えると思いますが、まずはヒノデのことを知り尽くしたいですね。

重久(2020年入社)

境さんは?

市川(2006年入社)

あ、私にも訊きますか(笑)。会社という枠にとらわれず、外も見ることは大事だと思います。将来は、会社の中だけじゃなくて、社会で役に立てる人間になりたいな。

境(2015年入社)

たしかに。「ヒノデの評価=社会の評価」じゃないからね。

市川(2006年入社)

社外の人と知り合うこともすごく大切ですよね。

境(2015年入社)

将来「地元に帰りたい」と思うことが出てきても、ヒノデでのスキルはきっとどこでも役立つよ。

市川(2006年入社)

それを聞いて安心しました。盗めるスキルはたくさん盗んで、早く自分のものにしたいと思ってます。

重久(2020年入社)

頼もしい! 会社が手放したくない人材にならなきゃね。

市川(2006年入社)

そういえば境さん、入社された頃は「取締役になりたい」って話していたと聞いたことがあります。本当ですか?!

重久(2020年入社)

そんなことも言ったかな……。まあ、夢は大きいほうがいいから!

境(2015年入社)

それはかなり大きい! (笑)

市川(2006年入社)

内側から見たヒノデってどう?

入社して、会社の雰囲気はどう?

市川(2006年入社)

先輩方がフレンドリーに接してくださるので、僕も上下関係に関わらずフランクに話せて助かってます。

重久(2020年入社)

よかった。私もそう思うよ。いい会社だと思う?

境(2015年入社)

まだ1年しかいないからはっきりとは言い切れないのですが、「良い人がたくさんいる」というのは断言できます。力強くサポートしながら考える機会を与えてもらえるし、若手の考えを尊重してくれるので意見を言いやすく、仕事がしやすいですね。

重久(2020年入社)

ははは! うまく答えたな(笑)

市川(2006年入社)

ほんとに(笑)

境(2015年入社)

先輩方から見たヒノデの魅力って、どんなところですか?

重久(2020年入社)

総じて言うと、人が温かいこと。重久さんも言う通り、良い人が本当に多いんだよね。

市川(2006年入社)

社長との距離も近いですよね。

境(2015年入社)

そういえば先日、社長を交えて同期とリモート飲み会をしましたよ。プライベートな相談をしていた同期もいましたね(笑)。

重久(2020年入社)

私たちも、一緒に食事をしたりキャンプを楽しんだりと、フランクに接していただいてるよ。

境(2015年入社)

こんなに社長との距離が近い会社はめずらしいと思う。

市川(2006年入社)

「100年企業」の魅力とは?

僕が知ってるのは100年という歴史のごく一部だけど、ヒノデのDNAとして脈々と引き継がれてきた結果、優位となって残ったのが「人の良さ」なんだと思っています。技術力や製品力はもちろんだけど。

市川(2006年入社)

重久さんは、「100年」ってどう思う?

境(2015年入社)

安定、安泰のイメージでした。今は「ベンチャー気質」もあると感じますが(笑)

重久(2020年入社)

安定を求めるがゆえに行動を制限したり、奇抜なアイデアを受け入れられなくなったりするのは良くないもんね。

市川(2006年入社)

次の1、2年じゃなくて「次の100年」を考えるのがヒノデ。「100年」の歴史がベースにあるから、その分新しいことに挑戦できそうだよね。

境(2015年入社)

おっしゃる通りですね。実際に、僕はまだ1年目なのに、生産計画や在庫管理など重要な仕事を任せていただいています。

重久(2020年入社)

良いことだね。

境(2015年入社)

そうすると、自分が着実にレベルアップしているのが実感できるんですよね。

重久(2020年入社)

うれしいね。私も、こんなに裁量を与えてくれる会社はあまりないと思います。

市川(2006年入社)

そうですね。「任せてもらえる」と前向きに受け取るか、「指示がない」と捉えるかは人それぞれだから。

境(2015年入社)

たしかに。最初は「どうすればいいんだろう」と戸惑いましたが、今はもう慣れました(笑)。欲を言えば、会社のフットワークがもう少し軽くなると、実現できることがもっと増えると思います。

重久(2020年入社)

頼もしい!

市川(2006年入社)

先輩方が気にかけてフォローしてくれるおかげです。レベルに合わせたステップを、きちんと用意してもらえる。そんな「面倒見の良さ」のも、ヒノデならではの魅力だと感じます。

重久(2020年入社)

就活中のみなさんへメッセージをお願いします。

何か軸を探して、自分の視点を持って行動するのが良いと思います。私の場合は「社長が近い、トップが見える会社」がそのひとつ。社長の存在が近いと、意見や提案を伝えやすいと思ったからです。

重久(2020年入社)

ちなみに、就活でやりとりする人事の方々の雰囲気こそ、その会社の縮図だと感じました。会社を知りたければ、人事を見よう?!(笑)

重久(2020年入社)

「自分にとって大事なことは何か」だよね。そこを突き詰めていけば、独自の視点が見つかるはず。応援しています!

境(2015年入社)

仕事のために会社に入るんじゃなくて、人生を豊かにするために仕事をすること。自分にマッチする会社に出会えれば、実りある経験を積むことができます。自分の軸がなければつくればいい!

市川(2006年入社)