次世代型バルブボックスカバー:VDR・VDP

VDR・VDP-21/VDRN-21

地震などの災害時対策として他都市からの救助隊の応援作業が検討されていますが、バルブ操作などの誤操作をなくすために、他都市からの応援作業者の方々に対して被災地の仕切弁などのバルブ操作に関する基礎情報の提供が必要です。
次世代型バルブボックスカバーVDR-21Gは、ふた表面の視認性を高めて現場でのバルブの早期発見に効果的なだけでなく、ふた表面に情報プレートによるバルブ用途/閉栓方向/管口径を表示しているため、バルブ操作に必要となる基礎情報を緊急時に現場で把握でき、現場に対する事前知識の少ない作業者でも適切なバルブ操作を行うことが可能です。
現場でのバルブ操作の確実性を向上し、誤操作による計画外の断水予防、現場ノウハウの技術継承などに効果的です。

製品特長

*クリックすると詳細の説明が表示されます。

現場でスムーズなバルブ操作を実現

次世代型バルブボックスカバー VDRシリーズは、管理に必要な情報をふた表面に表示して判断することができ、現場で迷うことなくスムーズにバルブ操作を行えます。

高い視認性と表示情報の読みやすさを実現する樹脂プレート

仕切弁鉄ふたは表面積が小さいため、鋳鉄で成形された従来のふたでは文字等が読みづらくなっていましたが、精度が高くカラー化が可能な樹脂成形のプレートをふた表面に使用することによって、高い視認性と表示情報の読みやすさを実現しました。

ページトップへ

日常点検の業務負荷を軽減

ふたの内部にICタグを標準装備。ユビキタス・タッチのシステムを活用することで、より詳細な維持管理情報をデジタルで管理・運用することができ、日常点検の業務負荷を軽減できます。

上水道管理システム「ユビキタス・タッチ®」に対応

維持管理を効率化するためにICタグを標準で装備。上水道管理システム「ユビキタス・タッチ」に対応して、管路情報や維持管理情報をデジタルで管理・運用できます。

ページトップへ

ふた上通過時の安全性を確保

歩道用は歩道用高機能デザインにより、歩行者のスリップやつまずき、ベビーカーなどの通行時のタイヤの振動軽減など、ふた上通過時の安全性を確保しています。

歩行者の安全を守る表層構造

スリップや、転倒時のケガを軽減するなど、高齢者や障害者でも、安全・安心・快適に通行できる歩道用高機能デザイン「UD-117 Tread Pattern(トレッドパターン)」 を採用しています。

ページトップへ

設置環境に適したバリエーション(VDP)

次世代型バルブボックスカバー VDP積雪寒冷地や重車道部等、交通環境が過酷な箇所に設置する場合は、より耐久性の高い、鋳鉄を主とした製品バリエーションを準備。


製図図面・寸法

VDR-21G(ハット式)

・傾斜施工にも対応
・優れたがたつき防止性能


VDRN-21G(ミニネジ式)

・嵩上げ、嵩下げがスムーズ
・傾斜施工にも対応
・優れたがたつき防止性能


ユビキタス・タッチは日之出水道機器株式会社の登録商標です。