CAREER INTERVIEW

1

生産【佐賀工場・生産推進グループ】長崎大学卒/2014年入社

K.Tさん

生産体制の改善が未来につながる。
大変だけど、やりがいがあります。

インターンシップでの印象

就職のきっかけは、大学3年生の時に経験したインターンシップでした。それまでの社会人のイメージと言えば、経験の浅い20代は会社の方針を受動的に受け入れるものだと思っていましたが、ヒノデの会議に同席すると、私と年齡の近い先輩が、かなり年上の先輩方と対等に議論していたんです。その姿を見て「自分も就職したらこんなふうになれるのかな」と、すごくフレッシュな印象を持った記憶があります。立場や年齡に関係なく、自分の考えをしっかり主張できる。「こんな会社があるんだ。やりがいがありそうだな」と感じました。入社後は品質管理の担当を経て現在は「生産推進グループ」に所属し、中長期的な生産体制の最適化に取り組んでいます。目的は30年後に世界で勝てる生産体制をつくること。そのために、設備投資やレイアウト、人員配置などについて経営的な視点から、いかに生産性を高められるかを考えています。

大変だけど、おもしろい

ものづくりの仕事なので、「自分が携わった製品が世の中に出るのがやりがい」という思いはもちろんあります。さらに私の場合は、新しい生産体制の立ち上げや工場内の改善を担当してきたので、自分が思い描いたプランで「業務が変わった」「良くなった」と言っていただけた時がいちばんうれしいですね。本社と工場の距離が近く、現場の声が直接届くのはヒノデの良いところ。工場で生産に携わる技能職のスタッフと身近に接することができる環境でよかったと実感しています。工場だけのことだけでなく会社全体の未来を見据えて管理体制を考える必要があるので大変な仕事ではありますが、その分、やりがいやおもしろさも感じています。

佐賀工場・生産推進グループ K.Tさん

自分の道を模索しているところ

将来については、実は今すごく悩んでいるんです。これからどういう道を歩むのか、やりたいことがまだ明確にはなっていないというか。キャリアステップについても考えたい、家族も守っていかなきゃいけない。自分がどうありたいのか、日々悩みながら模索しているところですね。そのなかで言えるのは、鋳物技術の先駆者として業界をリードしてきたヒノデにいるからこそ、さまざまな経験を積むことができたということです。ヒノデにいるから得られる知識やスキルは確実にあります。そうした経験の積み重ねから自分の意見が言えて、新しい構想ができる。会社を辞める予定はありませんが(笑)、将来どこに行ったとしても、ここで得たマネジメントの知識やノウハウで勝負できたらと思っています。就職活動でも、自分が大切にするしっかりとした「軸」が、ひとつでもあれば大丈夫だと思います。その「軸」からブレず、挫折せずに立ち向かう心や日々成長したいという向上心は、社会人になってもきっと自分を助けてくれるはずです。

仕事や環境の変化に合わせて

福岡の久留米出身で、今でも久留米に住んでいるので、通勤は車で片道30分くらいです。本社に出勤する時はもう少し時間がかかりますが、久留米からだとすぐなので通勤ストレスはほとんどありません。週末は、小中学校・高校時代に仲が良かった地元の友達とよくお酒を飲みに行きます。それでも、仕事と家の往復だけにならないよう、何か新しいことに挑戦しようと思って最近筋トレを始めました。家族の予定や仕事の状況もあるので、一番確実に時間が取れる早朝5時過ぎごろから、近くの24時間営業のジムに行ってトレーニングを続けています。良い気分転換になりますよ。入社前とは仕事の内容も変わり、結婚したり子どもができたりして生活の環境も変化しましたが、感じているのは自分自身の変化です。受け身ではなく、何事に対しても自分から向き合うようになったのはヒノデに出会ってからです。

佐賀工場・生産推進グループ
佐賀工場
佐賀工場・生産推進グループ K.Tさん